« “バテバテ、北岳” | トップページ | 温泉めぐり »

6/30 “魔子。そして、チョキ”

ずーと、気になっていた山へ行ってきました
その名も 魔子』 
気になるでしょ!!
地図には載っているものの、道は書いてない。
調べてみると、伝説の残る山。

”むかし、金峰山の近くに魔子の山とよばれる異様な山があったとさ。
この山には、今にも妖怪(ようかい)が飛び出してきそうな不気味なほら穴があったとさ。
村人はこのこの穴を魔子の人穴とよび、決してこのあたりには近づかなんだ。
それはな、もっとむかし、この山に魔子(まご)じじいという大男がおったんじゃ。
そいつのからだといったらそれはがんじょうでな、鳥やけものを食べ、村里へ出てきては家畜(かちく)をぬすみ、時には赤ん坊までもさらっていったそうじゃ。
ほら穴の入り口には、骨が積み重なり、奥からは生臭い風が吹いてくるそうな。
子供がいつまでも泣いたりすると「魔子じじいが来るぞ」と言えば、ぴたりと泣き止んだそうじゃ。” 
(引用:須玉歴史資料館

恐怖を覚えつつ、魔子へ向かいます。
途中、物音が怖くてしかたありません。
そんな中、ガサガサといきなり鹿が飛び出してきた。。。。。。。
心臓が飛び出るかと思ったよ。
頼むよ、しか君。驚かさないでよ。。。

そして、すぐに山頂へ。
山頂は狭いが、景色はきれい。
晴れれば、瑞ガキが最高にキレイな場所だ!!!!

景色に見とれていると、
ついに、魔子が現われ・・・・・・・・
長い長い格闘の末、クマ 負けました。
惨敗です。

S0706300016

気がつくと、洞窟の中にいます。
魔子に捕獲されていまった。。。。。。
だれかたすけて~~~~~~~

S0706300021

と、冗談はここまで。
下山後は、飯森山にバリっと登って鷹見岩でのんびりかな~と、
地図を眺めながら、また~りしていると、
目に飛び込んできたチョキ
なんと、山の名前です。
地図を見る限り、ルート無。
でも、尾根沿いに登ればいける。
チョキへ転戦です。

しかし、行ってみると。。。。。。。
地図に載ってない道があり、
さらに、道がいくつも分岐してます。
んんんんん・・・・・・・無理です。ちきしょ~。

次回、ちゃんとした地図を持ってバリっとチョキを攻めます。
それまで、チョキはおあずけです。

本日のお花:銀ちゃん、???、???
やはり、名前がわかりません。。。。

S0706300017 S0706300024 S0706300026

コースタイムなどなどはこちら

よかったらこちらをポチッとな→→ Banner_03

|

« “バテバテ、北岳” | トップページ | 温泉めぐり »

登山」カテゴリの記事

コメント

よっしーさん!
かわうそのまさおです。
変わった山の名前に思わず
読みすすんでしまいました・・・
こんな山の名前あったんですねー(笑)
チョキもおもしろそうです。
クマさんネタもずいぶんと楽しそうですね。

かわうそ山行でお会いできる日を!

投稿: まさお | 2007年7月 3日 20:51

>まさおさん
まだまだ、面白い名前の山はありますよ。
例えば、清明盤とか、破魔射場丸とか。
北海道の山も結構面白い名前の山があるじゃないですか?

クマさんネタも面白いですよ。
近日中になにか新しいネタが欲しいなと思案中です。

かわうそ山行でまっております。

投稿: ほろよいクマ | 2007年7月 4日 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213693/15621337

この記事へのトラックバック一覧です: 6/30 “魔子。そして、チョキ”:

« “バテバテ、北岳” | トップページ | 温泉めぐり »