登山

ゆくぞ、北穂高!!

写真で綴る山行記録!!第5段!!
【2010/6/12-13 北穂高岳】

登山をはじめて、十数年。やっと涸沢&穂高に行ってきた!!

 

カッパ橋からの定番風景

まずは、カッパ橋からの定番風景。川がきらきら、気持ちいい~~

 

イワカガミ

これぞ、イワカガミ。岩を割って咲いてます。

 

モグラの死骸

道端にいたモグラちゃん。サイズは、10cm程度。
すでにお亡くなりになってました。。。。

 

横尾大橋からの眺め

横尾大橋から眺めてみると、ん~~~きもちいい~~ 

 

シャクナゲと北穂高

シャクナゲの先に、北穂高!! あそこを目指す。
まだまだ、花の世界!!

 

涸沢へつづく

ついに雪が出現、一気に冬の世界へ!!
目指すは、真ん中『涸沢』

 

涸沢ヒュッテのおでんと生ビール

涸沢に着いたら、涸沢ヒュッテ名物のおでんと生ビール!!
乾燥してるから、おでんの表面がすぐにカピカピ。。。。

 

テン場の夜明け

テン場の夜明け!! きれ~に染まった空。美しい・・・・・

 

前穂をバックに

北穂を登りきって、前穂をバックに一枚。
さすがに、急坂で登ってるときの写真はなし。

 

北穂から望む裏銀座

北穂から見た裏銀座。あぁ~~、ちょうど槍が雲の中に!!

 

槍ヶ岳を望む

顔を出してくれた槍ヶ岳。恥ずかしがり屋ですかね?

 

遭難者捜索の長野県警へり2

長野県警のヘリが来てました。遭難者の捜索だそうです。

 

映画『岳』の撮影隊

映画『岳』の撮影隊!! あいにく小栗旬も長澤まさみもいませんでした。
人が落っこちていたので、滑落シーンの撮影かな?
カメラは、こちらを向いていたので写っていたりして?

 

横尾のハト

横尾のハト。こいつ、ヒトにビビらず近づいてくる!!
毛並みもいいし、エサもらってるな?

 

徳沢園のソフトクリーム

徳沢園のソフトクリーム。火照った体に最高です!!
あふれんばかりに、持ってくれました。おね~ちゃん、ありがとう!!

っと、以上。初めての北穂高&涸沢でした。

 

 


より大きな地図で 2010/06/12-13 北穂高 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツクモに会いたくて!!

そして、写真で綴る山行記録!!第4弾!!
【2010/6/6 硫黄岳&横岳withツクモグサ】

 

夏沢鉱泉から望む北アルプス

夏沢鉱泉から眺める北アルプス。まだまだ白いよ北アルプス!!

 

カモシカ

いきなりのカモシカちゃん。沢の反対側でもさもさめし食ってたよ~~

 

ケツを向けるカモシカ

そして、ケツを向けるカモシカちゃん。顔見せてよ~~coldsweats01

 

夏沢峠の風車

夏沢峠の風車たち。発電がんばって!!

 

ケルン

硫黄岳名物『ケルン』 これが大事なんです!!

 

八ヶ岳の主峰

硫黄岳山頂から眺める八ヶ岳の主峰たち。いや~~、絶景かな?

 

台座ノ頭の雪だるま

台座ノ頭にいたのは、かわいい雪だるま。いつまであるかな?

 

ツクモグサ2

やっと会えたよ、ツクモちゃん。ふぁふぁの産毛の虜です。

 

ツクモグサ7

まだまだ続くよ、ツクモちゃん。あぁ~産毛に触りたい!!

 

お山のえんどう

ツクモの合間に、お山のえんどう。かわいいです。

 

赤岩ノ頭の雪だるま

赤岩ノ頭にも雪だるま。かわいいね~~

っと、以上。ツクモに会いに行った硫黄岳&横岳でした。

 

 


より大きな地図で 2010/06/06 硫黄岳開山祭 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日光白根山へ

それでは、写真で綴る山行記録!!第2弾!!
【2010/5/15 日光白根山】

 

ひらけた先に白根山

沢沿いをがっちり登って、ひらけた先に日光白根山。

 

弥陀ヶ池と白根山

さらに進むと、弥陀ヶ池。全面結氷した池の先には、白根山。

 

急斜面を登る

こんな急斜面を登っちゃいます!!

 

尾瀬を背負って登る

でもでも、綺麗な景色を背負って登ります。背負ってるのは尾瀬かな?

 

白根山山頂のえびのしっぽ

そして、山頂。看板には「えびのしっぽ」がびっしりと!!

 

山頂にできた池

山頂には、地図には載っていない池が!!この季節だけの池かな?

 

真っ白な五色沼と白根山

ちょっと、足をのばして前白根へ!!そこから眺める五色沼と白根山。

と、以上。日光白根山でした。

 

 


より大きな地図で 2010/05/15 日光白根山 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

針ノ木岳へ

いや~~~、更新を怠ってたまってしまった、たまってしまった。happy02

更新します。
今回は、写真で綴る山行記録!!第1弾!!
と言っても、文章書くのが面倒なだけ?

では、第1弾は【2010/5/8-9 針ノ木岳】

針ノ木雪渓を目指す

大沢小屋付近から眺める針ノ木雪渓。
まだまだ、雪がてんこ盛り。雪も多いので、沢を登ります。

 

針ノ木雪渓と爺ヶ岳

そして、核心『針ノ木雪渓』を登って行きます。
スキーヤーがいっぱい。テン泊装備は我々だけ!!

 

トマト鍋

晩ご飯の『トマト鍋』。
雪山は、鍋がいいよね。お酒とともに・・・・

 

染まる

そして、日の入り。空が少し赤く染まる。
この日は、いまいちの染まり方・・・・・当然、テントは我らの1張り

 

朝日を浴びる北アルプス

朝日を浴びる北アルプス。
裏銀座に槍ヶ岳、燕岳が見えま~す。わかるかな?

 

槍ヶ岳

前の写真の真ん中にあったのが、これ『槍ヶ岳』
いつもと違う角度から!!

 

山々を眺め

針ノ木を目指して、出発です。眺めは抜群。展望良好!!

 

トラバース

そして、トラバース。さすがにあきらめました。怖すぎです。

 

尾根を戻る

撤退中。先に見えるのが、蓮華岳。

 

テン場へ帰還

無事にテン場へ帰還。ご苦労様です。

 

慎重に下る

荷物をまとめて、針ノ木雪渓を下って帰ります。

以上。針ノ木岳の撤退記録でした。

 

 


より大きな地図で 2010/05/08-09 針ノ木岳 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨に降られた燕岳

やっと、GWの記録を書きます!!

まずは、毎年恒例の燕岳。

高速道路をひた走り、くねくねとした山道を抜けて
中房温泉についたら・・・・・・雨。

しとしと降る雨。ではなくてザーザーと・・・・

仕方がないので、車で待機。

30分・・・1時間・・・待っても待っても雨はやまず。
あきらめて、雨の中登ります!!

そして、高度を上げるに従って雨が雪へと変わり、
合戦小屋に着くころには・・・・・・

晴れた!! 青空だ!!

その代り、風つよ~い。

防風体勢をとりつつ、合戦尾根を詰めてくと・・・・

燕岳を目指す1

ど~んと燕岳。

そして、あっと言う間に燕山荘に到着です。
小屋前のテン場は、雪の中。きれ~なセッピが!!

燕山荘のテント場

小屋泊で、ほんとに良かった。

小屋に入ったら受付を済まして、お土産渡して、
生ビール飲んでまった~りと・・・・・・極楽極楽!!

そして、夕日の時間が迫ってきたので、外へ。
しか~し、曇ってる。

少しぐらいは焼けてくれるかな?と期待しながら待ってたけど、
全然焼けずに・・・・・
しかも、夕日を待つのはクマ一人。

でも、クマはめげずに待ちつづけ・・・・・・・

やっと、見れたのがこれ!!

月と裏銀座

裏銀座の上に出てきた月。

そうです。まったく焼けずに夕焼け終了。
外で一人で夕日を待ちつづけ、体も心も冷え切ったクマでした。

冷え切った体と心を小屋のおいしい食事と生ビールであっためて、
ちょっとほろ酔い状態のケンジ君のありがたいお話を聞いて、
ご就寝zzzzz

 

そして、翌日。今度は日の出を拝みます。

テン場の日の出

雲海の中から朝日が上がって・・・・・・

赤く染まった燕岳

燕岳が赤く染まり始めて・・・・・・きれ~い

朝日を見て、ご飯を食べたら、燕岳へアタックです。
今年は雪が多いようで、いつもないような場所にも雪が付いてる。

ライチョウいね~か~と探しながら、あっという間に山頂に
山頂に着いたころには、ガスが出始め・・・・・景色なし。

ん~、こんな日もありますな。
こんな日は、小屋に戻ってさっさと下山。

雪が多いのでらくらく下山の完了です。

 

下山後は、有明荘の温泉へ
なんと、あのでっかい露天を一人占め。

そして、この旅の最後の締めは「そば」ですね。

くるまやのざる大盛り

有明神社近くの「くるまや」へ、最近よく行くそば屋です。

今回はざる大盛りを食べたけど、
今度は気狂いざるを一人で食べると誓ったクマなのです。

 

 


より大きな地図で 2010/04/29-30 燕岳 を表示

山行記録は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節はずれの雪の鳳凰

東京も季節はずれの4月の降雪に見舞われたあの日。
クマは、南アルプスの鳳凰三山へ向かっていた。

道中、高速のチェーン規制やスリップした車が追い越し車線で
こっちを向いて止まっているのを横目に見ながら・・・
一つの不安を抱えながら、芦安を目指して進む。

そして、芦安に到着して抱えていた不安が解消した!!

そう、林道のゲートが開いている!!

この雪でゲートが閉鎖され夜叉神峠登山口まで行けないかもしれない
芦安から歩くのは、いやだな~。
別のどこかの山に行こうかな~。
なんて、考えていたけれど不安が解消!!

さ~て、これで楽しいラッセルが待っている!!

ずんずん車を夜叉神峠登山口まで進めていくと・・・・・

上からおじさんが乗った1台の車が下りてくる・・・・・・

そして、おじさんはおもむろに笑顔でバツ印......通行止めにするそうです。

 

がーーーん。
確かに林道には積雪が20cmほど、通行止めの積雪だよね。

いそいそと、芦安まで戻って・・・・・
さぁ~てと、登るぞ!! 鳳凰!!

もう気分は鳳凰。
芦安登山館に車を止めて、いざ鳳凰!!

準備もできて、山の神ゲートに到着すると....
すでにゲートが閉まってる。やること早いね、おじさん。

ここからは、林道を...ではなく夜叉神旧道を登ります。
夜叉神旧道の案内図は、ゲートわきにでかでかとあるので、迷いません。
さらに、紙の案内図も一緒に置かれているので助かります。

夜叉神旧道はきれいに整備されていて、
数回の渡渉を繰り返し、1時間40分。

やっとのことで、夜叉神峠登山口に到着です。
やっと、スタート地点に立てたのです......

そこは、すでに真っ白な銀世界。
雪も膝下くらいまであるし、これはラッセル三昧!!

ラッセルをしながら、あっという間に夜叉神峠。

夜叉神峠からの南アルプス主稜

これが、びっくり。晴天です。
真っ白に輝く北岳と間ノ岳。

感動です。がんばって芦安から上がっただけのことはあります。

さぁ~、まだまだこれから!!
今日は南御室小屋を目指します。

しかし、行けども行けども南御室小屋には近づかず。
焼け跡付近に着いたのは、すでに3時30分過ぎ。

あぁ~、景色もいいしここでビバーク??

でも、水を作るのもめどくさいし
風除けの壁を作るのもめんどくさいので、
がんばって南御室小屋を目指してまだ進みます!!

そして、がんばってがんばって苺平に着いたのは5時過ぎ。
遅すぎ!!!!

クマのポリシーは、4時以降は行動しない。
お酒飲んで、いい気分の時間のはずです。

しかし、あと30分ほど行くだけで水場もあるし
穏やかな寝床が確保できるので、がんばりまっす!!

しか~し、ここから先がつらかった。
雪はさらに深くなり。ぜんぜん進まず・・・・・

結局、南御室小屋に着いたのは6時30分過ぎ。
陽も落ち始め、暗くなる前にはつきました。

でも、も~うテントを建てる気力はありません。
なので冬季小屋を使わせていただきます。
ありがたいです。冬季小屋。

あとは、お酒を飲んでご飯を食べたら・・・ぐっすり。

 

そして、翌日。
予定では、薬師から観音、地蔵と行くつもり。

でも、無理です。
気力もないので、薬師岳のみを目指して出発。

ラッセル。ラッセル。で進んでいって、森林限界を超えると

南アルプス主稜

南アルプスの主稜がど~ん

そして、振り向くと

富士山を背負い登る

富士山がど~~~ん!!

いや~絶景。絶景。

と、意気揚々と登ってきたものの薬師小屋でタイムリミット。
なんて言ったって芦安まで歩いて帰らないといけないので戻ります。

あぁ~あと少しで薬師岳だけど
最後の上りがすご~いラッセル。そんな気力がありません。

 

そして、あとはさっさと下り。
確かに速いが、夜叉神峠でバテバテです。

バテた体に鞭打って、夜叉神峠登山口に到着すると
そこには・・・・・・・自動販売機が!!

うぁ~~、炭酸飲みた~い。
動いてないだろうなぁ~と思いながら近づくと・・・動いてる!!

やった!! サイダーう~め~~~!!

しかし、まだまだこれから。
芦安まで歩かなければ・・・・・・遠いです。
もうすでに、道には雪はなく。膝に負担が。

やっとのことで、下山できました。

いや~、今回はいい経験をさせていただきました。
次こそは頂を踏んでやる!!

 


より大きな地図で 2010/04/17-18 鳳凰三山 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き忘れていた記録たち

書き忘れていた山行の記録が・・・・・
クマのサボリ癖の再発です。

そんな忘れていた記録はこちら↓↓

1.3/14 南八ヶ岳『西岳』
2.3/20~22 北アルプス『蝶ヶ岳』

 

まずは、西岳。

ん~~~、思いだせ!! クマ!!

え~~と、晴れて富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽
さらには北アルプスが拝めました。

そして、帰りはけつぞりで・・・・
と思ったけど、ところどころに石が出ていて滑れなかった。

あとは、写真と地図をどうぞ!!

 

 


より大きな地図で 2010/03/14 西岳 を表示

山行記録は、こちら

 

 

お次は、蝶ヶ岳

林道が冬季閉鎖中のため、だいぶ下からの入山です。
へいこら、へいこら歩くこと4時間以上。
やっとのことで、登山口。

そこから、雪に埋もれながら登ります。
登った先が、まめうち平。と言いたいけれど
今回はさらに手前でビバークですよ。

そして、夜には・・・・・・
な、な、なんと雨!!!

さらに、雷鳴も!!

その後、なんとか冷え込んで雪に・・・・
がんばって、がんばって稜線に出るも吹雪。
これ以上進めません、隊長!!

そして、撤退。

ビバーク地点に戻ってみると、テントは雪の中!!

そして翌日は、晴天。
また、へいこらへいこら林道歩いて帰ります。

でも、ここはふきのとう天国。

ちょっとだけいただきまして、お家に帰ってふきのとう味噌を作りました。

あとは、写真と地図をどうぞ!!

 

 


より大きな地図で 2010/03/20-22 蝶ヶ岳 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い立ったら、鳳凰!!

あぁ~、もう2週間もたっていた・・・・・
最近、更新が滞りがちになってきた・・・・・

てなことで、書きます。
2/27に行ってきた、鳳凰三山を!!

 

そう、この日は迷っていた。
ここのところの温かい日々、山に雪がないのではないかと!!

ん~、いったいどこに行こう。
西岳か?三ッ頭か?いやいや、もっと遠くに・・・・・

そんな、迷い悩み苦しんでいるクマのもとに

山の神から情報が・・・・・

 

じゃなかった!!
山の神ゲートから夜叉神峠までの通行止めが、
2/27 8:00に解除されるとの情報が!!

これを知ったクマは、一路山の神ゲートに向かいます。rvcar

山の神ゲートに着いたのは7:20
おとなしく、40分待とうと思っていたら・・・・・

開けてる!!

ちょうど、ゲートを開けてるよ!! happy02

通行止めが解除されたばかりの道をひた走り、
夜叉神峠の登山口に到着!!
と~ぜん、誰もいませ~ん!! happy02

さ~て、さっさと出発です。
と言っても、この時間から登山を開始して、
日帰りで鳳凰の頂を踏むのは、疲れちゃうので

タイムリミットを12:00として、途中の辻山を目指します。 happy01

天気も晴れたり、雲ったり安定しないし
道も歩いている人がいないから、倒木が多いし歩きにくい。
でもまぁ~、雪もないし楽チン・・・・・・

と思ってたクマが間違えでした。
すこし登ったら、道がツルツル。スケートリンク状態 coldsweats01

何度もこけそうになりながら、到着した夜叉神峠からは・・・・

白く輝く北岳、間ノ岳

白く輝く北岳と間ノ岳が fuji

見えないだろうな~と思ってたけど、ちょっとした収穫です。

さらに、ときどき

チラッと農鳥岳

農鳥が顔を出してくれたのですよ!!

いや~、ありがたいです。

一通りお山を眺めたら、あっという間にお山は雲の中・・・・

ここからは、アイゼンを履いて楽に行こう!!
こんなことを考えたクマが、バカでした・・・・・

ゆ、ゆ、ゆきがない・・・・・・coldsweats02

雪がない登山道

霧が出て、幻想的な雰囲気はいいのだけど・・・・・雪がない。

履いたアイゼンを、土でガシガシ言わせながら登って、
杖立峠に着くころには、雪も出てきてひと安心。

安心したと思ったら、今度は雪が腐ってる。
踏み外すと、ズボッてはまって片足だけが雪の中 sad

それでも、がんばって登って焼け跡を過ぎたら雪もいっぱい。
樹林の中では、膝下ラッセル。
樹林が開けると、股下ラッセル。
しかも、雪が腐っておもいおもい。 wobbly

とりあえず、スノーシューを履いて頑張る!!
と宣言したものの・・・・・・・すこし歩くと、ぽつぽつと 

雨 rain 

雨が降ってきちゃったよ。
タイムリミットまであと30分あるけれど、撤退。

帰りは、ザクザク降りて、
夜叉神峠小屋でまった~り~

ひじょ~に静かが山行でした。

そんなこんなで、近いうちに鳳凰三山にリベンジを誓ったクマでした。

 

 


より大きな地図で 2010/02/27 鳳凰三山 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップめんから噴火せず

今回のクマは、泊まりがけで権現を目指す予定でいたものの・・・・
諸事情により、中止。 sad

突然ヒマになったクマ。
土曜日は、家でグータラ。コタツでぬくぬく。

でも、天気がすご~く良いので
思い立って、前から行きたかった黒斑山へ行ってきました。

いつもは、遠くから噴煙を上げる浅間を眺めていたけど、
今回は、間近で浅間を眺めます。

思い立ってすぐ行動。
あっと言う間に、登山口の車坂峠に到着。
朝の8時だというのに・・・・ひと、ヒト、人。 coldsweats02
人気の山なんですね。

でもまぁ~、天気もいいので八ヶ岳を眺め気分は上々。
ただ、いつもとは違う方向から眺める八ヶ岳に戸惑い気味のクマなのです。

とりあえず、スノーシューをはいて出発!!
でも、人がいっぱい入ってるからトレースばっちり。
スノーシューもアイゼンもいらないかな・・・・・

すこし登ると、そこは霧氷とつららの世界。shine

霧氷

キラキラ光って綺麗なんだけど・・・・・
日差しが強くて、どんどん溶けてく~~~

の~んびり、の~んびり登っていって
ぱっと、目の前に現れたのが・・・・・・浅間山!!

おぉ~~、噴煙を上げてるよ~~。カッコいいじゃん!!

トーミの頭と浅間山

避難小屋を過ぎたら、あとは浅間をず~と眺めながら黒斑へ

あっと言う間に、黒斑山。
ここで、クマのお昼ごはん。
今日のご飯は、ミルクシーフードカップめん。

おっ、これ旨い!!

おもしろがって、カップめんも大噴火みたいな写真を撮ろうとしたけど・・・・

カップラーメンからも噴火

失敗。

意外と噴煙が小さかったよ。
もっと、距離を考えて撮らないと・・・・反省。

食って、遊んだクマは、さっさと下山。

そんな、クマの目の前においしそうなカモシカが!!

カモシカ

って、実際はけっこう遠く。

あまりにも、おいしそうだったので、
ついつい、ず~と眺めてしまった。

あとは、さっさと下って
登りのときに目を付けていたソリ場へGoooo!!

時間もあるので、ソリ場を滑って降りて、また上って
滑って降りて、また上っての繰り返し。

十分遊んで、これで終了。

今回は、散歩程度のクマでした。

 

 

より大きな地図で 2010/02/21 黒斑山 を表示

山行記録は、こちら

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレスサーモマン

「心があったかくなる話」 (代筆:ブレスサーモマン)

がまだ幼いころの話をしよう。

めったに病気をしなかっただが、一度だけ風邪で高熱を出したことがある。
苦しむを心配した母は、仕事を休んで看病してくれたものだ。

ひどく咳き込むのからだを、付きっきりでさすってくれて‥‥。

子どもの病気を治すのは、母親の愛情なのだと思う。
翌日、はすっかり熱も下がり、平熱の五十二度だった。

 

っと、ブレスサーモマンが代筆してくれました。happy01

最近、クマのお気に入りの山用品は、ミズノの【ブレスサーモ】

薄手なのに暖かくて、アンダー手袋と帽子で使用中
まだまだ、いろんなアンダーをブレスサーモにしようと思案中

で、ミズノのブレスサーモサイトを見ていたら、
『ブレスサーモマン』なるものを見つけてしまった。

しかも、ブログの代筆サービスまで・・・・・・
なんか面白そうなので、依頼したのが上の記事。
ブレスサーモマンなりのあったかい話です。 happy02

下のブログパーツから依頼ができるから、
ぜひ、あったかい話を執筆してもらってねsign03

それと、ブログで『ブレスサーモマンスペシャルサイト』を紹介して、
アクセスカウントがTOP10に入るとプレゼントがもらえちゃうんですよ。 happy01

あぁ~~、1位の「ブレスサーモ ダウンジャケット」がほしいsign03

もしよかったら、下バーナーをクリックしてください。bearing

TEAM BREATH THERMO SPECIAL SITE

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧